07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019.12.31 (Tue)

更新履歴 旧Gallery・Novelページご案内 

2014/12/28 サイトを閉鎖しました。8年間のご愛顧まことにありがとうございました。
スポンサーサイト
EDIT  |  16:02 |  ILLUST  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

2017.08.04 (Fri)

猫好きの、猫好きによる、猫好きのための話 

先日テレビの修理屋さんをお呼びして無事チャンネル2つしか映らない問題が解決したのですが、最初に観たのがアニマルプラネットの子猫の成長記録番組でした。最近色々辛いので、泣きながら観ました。ずっと猫の肉球を揉んでいたい。

さて、ブログを1ヶ月放置してしまって広告が出ちゃったので、アワアワしながら更新しますよー。
以前コメントにて、虎徹(猫)と尾形のイラストのリクエストがありましたので、めちゃくちゃ遅いですが描きました。

尾形8月

ところで先日、鹿児島に猫神神社という猫の聖地があることを知りました。
文禄・慶長の役の際、島津義弘は薩摩から計7匹の猫を戦地へ連れて行ったそうで、この猫達は各陣営に配属され、陣中時計として活躍したそうです。猫の眼の瞳孔の開き具合で時刻を計るとか、忍者かよ。
その猫達のうち生還した2匹、ヤスとミケが後に猫神として祀られるようになったらしい。
このヤスちゃん、義弘の次男・久保(ひさやす)に可愛がられた猫で、それに由来して今でも鹿児島では茶白縞・茶トラ猫を「ヤス猫」というとか。名前の一字を頂いて戦場にも同行するって、もう家臣じゃないですか。
物凄く可愛がられていた証ではと思い、とてもほっこりしました。
鬼島津も猫を可愛がるときは、語尾に「ニャー」とか付けたんだろうか。
腕をホールドされた状態で連続キック&ガブガブされたりしたんだろうか。
夢が広がるわ。

残念ながら、久保自身は21歳の若さで朝鮮で病死してしまったそうなのですが、最期の瞬間までヤスちゃんが傍で見守っていたのかなと思うと、目頭が熱くなってしまう‥。(※猫好き)
寺社でも書物をネズミから守るために重宝されて、養蚕業界でもネズミ除けに重宝されて、忍者や戦国武将からは陣中時計として重宝されて、猫ってママレードボーイのミキちゃん並みにモテモテ☆チートキャラで凄い。猫になりたい。人間の歴史と共に歩んできた生き物なんだなぁとロマンを感じました。

余談ですが、よく俊太郎と一緒に描いている茶白猫の名前を「虎徹」にしたのは本当にその場の思いつきだったのですが、後の調査で俊太郎の御養子のお二人どちらにもお名前に「虎」の字が入っていることを知り、ちょっと縁が深い文字だったことに驚きを感じました。やっぱり俊太郎は猫科の動物が好きだったのかも知れない‥。
EDIT  |  01:36 |  尾形(幕末恋華)  | CM(0) | Top↑

2017.06.27 (Tue)

トラは槍で倒して、ウマは食べます 

文化発信!やつしろStyleさんがFaceBookでこちらの記事をご紹介なさっていたので知ったのですが、先日の茶の湯展で飾られていた利休の書状は八代松井文庫からの貸出展示だったのですね。
今話題の曜変天目と、終盤に飾ってあった伝藤原行成の書にときめきすぎて、そのほかの記憶が吹っ飛び気味です。申し訳ない‥。

茶の湯展

「心動かされたのはこの手紙が掛け軸=茶道具にされなかった点だ。利休自ら折り畳んだ姿のまま、そこにある」
その神懸かった視点をシェアしてくれたことに最早感謝しかないです。
この手紙の前後には相手を思いやる気持ちのキャッチボールしかないんですよね。
普段人間との心の絆に飢えている私は震えましたよ‥。
茶の湯展は全体を通して三斎(忠興)の茶人としての素晴らしい一面や、人間の情が伝わってきて最高でした。

高校時代、茶道部の陰湿な女生徒たちと、本当に、全く、微塵も、性格が合わず(表面上仲良くしていて、誰かが席をはずすとその人の陰口を叩きはじめるという‥。他に親睦を深める方法を知らんのか‥)、かなり苦しんだので、高校を卒業してからこのかた茶道に殆ど触れずに生きておりましたが、茶の湯展を見たら久しぶりにお茶をしばきたくなりました。
これからは積極的に高校時代のトラウマへ立ち向かっていこうと思います。トラは槍で倒して、ウマは食べます。(清正スタイル)

全然関係ないけど、忠興、普通に茶室に刀持ちこんでたんですね。めっちゃビックリしました。
でも帯刀していれば室内に緊張が走るし、陰湿な心も育たずにすむと思うので、どうか三斎スタイル、復活させてほしい。
EDIT  |  00:19 |  書道  | CM(0) | Top↑

2017.06.12 (Mon)

【書道】5月の練習記録 

例文で手紙(トイレットペーパー)を送りつけたり、飲み物に「好吃」を使って上海で盛大に爆死した私が言えることではないが、毎年梅雨時になると「外面下着雨」を「外では下着の雨が降り‥」と訳したラッキースケベ☆ヤッホーな同級生のことを思い出してもののあはれを感じる瞬間があるし、あの事件以来私の中で、「パンツ」は六月の季語。

先生に「何を書かせてもそつなくこなすよね」って褒められてちょっと調子に乗っていたけど、提出したらめっちゃ朱墨を入れられたし、先生の褒め言葉は余り真に受けてはいけないな…。

【書道】 6月の楷書・草書練習

どこに重さを出すかとかがまだ難しいです。全体の流れを意識すると線が細くなってしまって、弱々しくなってしまう‥。
回転を強くとか、前後の流れを意識とかなかなか一朝一夕にはできませんね。
あー、ちょっと練習しただけで達人級に上手くなれたら人生Easyモードなのにな!
少ない努力でマッハで超上手くなりてェー!

ところで5月は書道を初めて1年という節目の月だったのですが、提出日にスマーホ様を自宅に置き忘れてしまい、提出物の記録を取ることができませんでした。しにたい‥。
EDIT  |  00:14 |  書道  | CM(0) | Top↑

2017.06.01 (Thu)

長屋王最強怨霊説 

源氏物語のことだけど、小学生の頃からずっと犬君が雀の子を逃がした理由が気になってしょうがないんですよ‥。
長屋王の時代から放生会があったことや、「犬君が雀の子を逃がしつる」の台詞の後の尼の台詞からして紫式部は鳥を放すことで徳を積む行為を知っていたはずなんだけど、犬君が意図的に逃がした可能性はおろか犬君の人格や事件の背景について全く触れないんだよな。雀を逃がさずにはおれぬ心の闇を抱えるに至るまでの犬君の過去を、もうちょっと掘り下げてほしかったよ‥。

書いていて思い出したけど、長屋王最強怨霊説を最近知ってビックリしました。奈良県では有名な話らしいです。
彼の屋敷跡が発見されたことは知っていたのですが(多分、里中満智子先生の『長屋王残照記』のあとがきか何かで見たのかな‥)、学者の反対を押し切ってその遺跡がブっ壊され、建った奈良そごうが潰れて、そのあとに建ったイトーヨーカドーも潰れたという恐怖のアンビリバボー案件は、初めて知りました。
藤原氏の陰謀で謀反の疑いをかけられて自害した後、首謀者の4兄弟を祟り殺した人(※実際は天然痘の流行が原因)として、当時から有名な怨霊だったし、もっと祀られても不思議ではないのに、何故将門や道真ほど畏敬の念を抱かれていないのだろう‥。
1200年も経ってるのにバリバリ現役の怨霊とか、関根勤の「幽霊の耐久年齢の話」に照らし合わせて考えると相当ヤバいヤツだと思うんですけど、もっと魂を鎮める努力をした方がいいのでは‥?
EDIT  |  00:27 |  歴散  | CM(0) | Top↑

2017.05.29 (Mon)

次回こそ筑紫薙刀リベンジするぞ 

尾形君の誕生日絵、背景の某装飾古墳モドキの柄が悪目立ちしていたので、こっそり修正しました。
誰からも石を投げられなかったけど、実は筑紫薙刀も現存している物に即したデザインに修正したくて、ここ2週間ほどずっとウズウズしていました。が、いざ修正してみたらイラスト全体のバランスが崩れてしまったので、そこはトーハクで観た長船派の薙刀っぽいデザインのまま、今回はそっとしておくことにしました。
欲張って要素を詰め込み過ぎて破綻したパターンですね。毎回何かしら反省点が出てくるなぁ。
くっ、今回はお母さんの薙刀を持っているという脳内設定にして、次回こそ筑紫薙刀リベンジするぞ!!

ところで、最近『アンゴルモア』を読んでいるのですが、対馬の金田城(かなたのき)には神功皇后(月岡芳年の浮世絵で筑紫薙刀を持ってる女性)が三韓征伐を行う際に作らせたという逸話があるらしく、作者のあとがきを読んで「おお~」と思いました。
もはや神話の中の人ですし、雲をつかむような話なのですが、私は闘う女性が好きなので、実在していたら格好良いなぁと思います。

【おまけ】
誕生日イラストが間に合わなかったことを考えて、昔描いた線画を自動着色ソフトにぶっ込んでいたのですが、なんとかスライディング☆セレブレイトできたので、お蔵入りになったという、もののあはれを感じるイラストを掲載します。いとあはれなりィ‥。
着色ソフト、ちゃんと線画にガウスをかけてくれたので、柔らかい感じに仕上がってます。凄い。
尾形君、誕生日おめでとう~!近いうちに意外なところから素性が明らかになる気がしてワクワクしています。楽しみだー!

添い寝CDのアレ

ところで、恥ずかしげもなく夏の終わりの蝉の如く引っ繰り返って「尾形夢クレクレ!」とジタバタしていたら、なんと!ササミさんが!尾形ルートを開拓してくれました!!
原作発売から10年経ったけど!いいの!?ねぇ!!いいの!!?(猛烈に感動)
羞恥心を捨てて欲望をむき出しにして良かった!!!!
ということで、自分勝手にリンクを貼っておきましたので、この10年間尾形の呪いに縛られ続けている人は行った方がいいよ!マジで!!
EDIT  |  01:54 |  尾形(幕末恋華)  | CM(0) | Top↑

2017.05.17 (Wed)

9年前、林邦史朗先生の道場にお邪魔したお話し 

林邦史朗先生がご存命の頃、道場にお邪魔したことがあるのですが、丸めたゴザを真剣で斬る練習で他の女性陣が半分しか刃を食い込ませていないのを見て、先生に「私は皆より腕力がないし、斬れるか心配」と相談したところ、簡単な持ち方の指導をくれて、振り下ろしたら一発で真っ二つに斬れたので、めっちゃ驚いた記憶があります。
本当の達人はどこをどう持てばどんな力が働くか熟知しているので、一言二言の簡単なアドバイスのみで素人(それも筋力皆無)の女子にとてつもない殺傷力を与えることが出来るのだなと知って震えましたし、力の使い方さえ知っていれば最低限の力で巨漢を薙ぎ倒すこともできるのでは、と。力…手に入れたい‥。

なんでこんな話をしたかと言うと、薙刀の「八重違」についてググったら林先生が『八重の桜』の殺陣指導をしていたときに新しい薙刀のカタをいくつか編み出した的な記事が出てきたから、先生のことを思い出したんだけど、肝心の八重違については書かれておらず、「その八重じゃない!これが本当の『八重違い』!」ってなりました。
先生、道場の雰囲気に馴染めない人とか必要以上に緊張してる人がいるときは、冗談を言って和ませてくれていたし、この話をしたら結構喜ぶだろうな。あの稽古タイムが特別女子だらけだったから、機嫌が良かっただけかも知れないけど。
ところであの稽古タイム、最初は暴漢に腕を掴まれたときの振り解き方とかの訓練だったのに、相手の懐に入って肘鉄からの目潰しとか、手裏剣投げ、最終的に真剣でのゴザ斬りになったので、「痴漢よ、さらば」と思いました。
残念ながら自宅から道場が遠くてリピートできなかったのですが、かなり面白く、一生忘れられない思い出になりました。

日記を溯ったところ、先生の道場にお邪魔したのは、もう9年も前の事でした…。
当時、同伴してくれた友人には「何故、そんな凄い人の稽古に無料で参加できるのか」とめっちゃ疑われたのですが、先生は当時若者向けに無料公開教室を開いていたのですよ‥。私はそれを目ざとく見つけて応募したという‥。懐かしい‥。
そして20歳の頃の私の行動力、やべぇな‥。
EDIT  |  01:07 |  歴散  | CM(0) | Top↑

2017.05.09 (Tue)

尾形くん、お誕生日おめでとう!【2017】 

御無沙汰しております。瑠璃です。
母親が発狂して入退院を繰り返したり、資格が取れて再就職が決まったり、今年の展覧会に出した朝顔が奨励賞をもらったり、とにかく先月色々忙しくてまともに更新が出来ませんでした。
その話は追々日付チートなどをして綴っていくとして、とにかく尾形君の誕生日をね、祝いに来ました。
2016年末に某ムック本の全隊士名簿にて生没年月日が発表されてから、初めての生誕祭なので、どうしても祝いたかった‥。遅刻してるけど‥。

尾形くん2017バースデー

今色々あって現在縮小運営しまくっていますが、6万5千HITいただき有難うございました。
皆様何を求めて此処にいらしているのか分りませんが、とりあえずこちらの絵にて6万5千HIT記念絵とさせていただきます。
切り番で絵を描くとか、マジ千年代の人間ですね。古風すぎてどうしよう‥。


以下、今回入れたモチーフ・参考などメモ。休職期間中に学んだ事や取材した事を、結構詰め込みました。

・肥後椿『大和錦(やまとにしき)』
肥後六花の一つ、肥後椿は熊本細川家で特に育種保存されてきた椿の系統。
そのなかの「大和錦」という品種の花言葉は「変わらぬ誠」らしい。知った瞬間、これは描かねば~!と思いました。

筑紫薙刀(つくしなぎなた、ちくしなぎなた)
神功皇后が所持していた事で有名。大友家家中で重用されていた薙刀らしい。刃部分が簡単に取り外せる、戦の多い時代ならではの仕様なのだそうな。江戸期に入り、薙刀の多くは脇差などに直されてしまった(にっかり青江みたいな感じか)ので、筑紫薙刀も現存している物はとても少ない。
尾形家は大友氏の家臣の流れを組む家なので、筑紫薙刀を持たせてみました。
「尾形、家宝の薙刀直しの脇差を持って上洛していると良いな」とか、「尾形の母上、珍しい薙刀直しの脇差があるという理由で嫁いできていたら面白いな」とか、色々妄想がはかどります‥

・方相氏
最初は安摩や蘇利古の雑面が神秘的でカッコイイから取り入れたかった(中二病)のですが、描いている途中で関連性の無さを感じ、結局方相氏にしました。
大陸では本来鬼や穢れを払う存在であった方相氏が、日本の触穢信仰の中でやがて忌避されていき、穢れとして追われる側へと変化して行ったという経緯を聞き、「なんか新撰組みたいだなぁ(追う側がいつの間にか追われる存在になった)」と思ったので。
羽織は新撰組のだんだらですが、薙刀や衣装のカラーリングは平安神宮の追儺式に登場する方相氏を参考にしました。
羽織の紐を袖口に通すと簡易襷掛けになるという話を聞き、それも早速取り入れました。

・黒と赤の◆
チブサン古墳(熊本県山鹿市)の装飾壁画をイメージして入れましたが、よく分らない何かになりました。
稲毛神社(神奈川県)の御守りのデザインになっていたのをきっかけに知りました。魔除けの絵柄らしい。

・家紋とモチーフ
尾形家の「右三つ巴」。後述の詩のイメージから、なんとなく月に見えるように霊雲をかけてみました。
中の柄を、「徳川の葵(佐幕攘夷)、天皇家の菊(尊王攘夷)、青海波(開国攘夷)」にしてみました。
当時はもっと細かい思想の分岐があったけど、文様で表せるのがこれくらいしか思いつかなかった‥。
尾形自身の思想は結局どれなんだろう‥。知れば知るほど、よく分らなくなってきた‥。

・城野静軒
城野静軒 1800-1873 熊本県菊池郡に生まれの学者。文武両道に秀で、書も詩も巧みであった。その生涯は不明な点が多い。
同時代の横井小楠と親交があり、「小楠堂詩草」に静軒と相唱和した詩がある。明治6年8月没す。享年74歳。
七言絶句『舟中子規を聞く』より、承句と転句の「杜鵑血に啼いて 落花流る 一声は月に有り 一声は水」を引用しました。
世間的には深く考えずに旅情を味わえば良いとされていますが、彼の生きた時代背景を考えると、そこかしこで血を吐くように叫ぶ杜鵑は志を持つ者で、落花とは死んで行った人々の隠喩なのではと考えさせられます。そんなこと妄想してるの、自分だけかもしれないけど‥。
そういった詩のイメージもあり、肥後椿は水に浮いているイメージで描きました。
フォントは青柳衡山先生の「衡山毛筆フォント草書」をお借りし、二回登場する「一」と「聲」については、文字の表情に変化を付けるため、それぞれ王羲之より「一」を、羊欣より「声」を集字しました。(参考:书法字典查询
署名・捺印は自分の物です。プライベートの雅号印を押してしまったので、会のメンバーに発見されたら即死するヤツです。

ではでは、これからも暇を見つけて色々描こうと思いますので、宜しくお願い致します。
EDIT  |  01:37 |  尾形(幕末恋華)  | CM(0) | Top↑

2017.05.01 (Mon)

小綬鶏の鳴き声って神秘的で良いよね 

明け方に目が覚めたら雀の声に混じって「チョットコイ、チョットコイ」という鳴き声が聞こえてきて、今が小綬鶏の繁殖期なのだと気付きました。
私の住む土地は湖沼の近くで水田も多いので、雨が降ると濃霧に悩まされるのですが、霧の中から小綬鶏の鳴き声が響いてくる様子は森の朝のようでとても風情があります。
小綬鶏も雉も、声は聞こえてくるのにどこにいるのか分らない。
雉はたまにみるけど、小綬鶏は地謡に名前が出て来るわりに一度も見たことがないのです…。
枯草カラーで擬態してるせいもあるけど。そんなところも含めて、なんだかミステリアスで良いなぁと思います。
若い頃は何故こんなド田舎に志賀直哉とか武者小路実篤とかが移住してきたのか謎だったんですけど、今はこういう朝の雰囲気を気に入ったのかなと思ったり。春の朝だけはとても良い。そんな土地です。

全然関係ないけど、今朝の夢にジェイソン・ステイサムが出て来たので、共闘したくて二度寝したのですが、偶然にも勢いよく開け放ったトイレのドアで武装したステイサムを一撃ノックアウトしてしまい、その事故の現場を通りすがりの鳥海浩輔に目撃されて最悪でした。
必死に「違う!わざとじゃない!」と、鳥海浩輔に言い訳しながら屈強な黒スーツに連行された先が何故かCIAで、何故かそのままスカウトされたのですが、「CIAヒャッホー!」という浮ついた気持ちはよりも、「ばかやろう!今はそんなことより鳥海浩輔の誤解を解かないといけないんだよ!!」という乙女心が勝ってしまって…。
そんな胸を締め付けられるような思いを抱えて目覚めたときに聞く小綬鶏の鳴き声は、心なしか物悲しかったです。
EDIT  |  01:38 |  タダノ日記  | CM(0) | Top↑

2017.04.26 (Wed)

店員さん!今日のことは忘れてね!! 

金カム10巻を借りようとゲオにスライディング入店したのに、既に4冊全て貸出し中でした。
諦めきれず、血の涙を流しながら空のケースを手に、店員へ「在庫は…無いのでしょうか…」と尋ねたところ、店員さん3人がかりで返却BOXの中まで確認してくれたのですが、金カムは見付からず‥。
また明日来る約束をして退店したのですが、冷静になってきた今、物凄く恥ずかしくなってきました。
「あの人、何も借りずに帰ったね」
「本当に金カムだけ借りたかったんだね」
って噂されてたら‥どうしよう‥。
「別に超好きって訳じゃないんですけど!別に!超好きって訳じゃ!ないんですけど!先が!気になって…!!」
と、ちゃんと前置きすれば良かったです。
嘘ですけど!!「超好きって訳じゃない」とか、超嘘ですけど!!
本当は「10巻の表紙の杉元めっちゃ格好良かったな!めっちゃ格好良かったな!!拡大印刷して部屋の壁にたくさん貼りたいし、北海道の地図買って杉元がいた場所に押しピンして赤い紐で結びたいな!」とか余裕で考えてますけど‥!!
恥ずかしいから!店員さん!今日のことは忘れてね!!
EDIT  |  23:31 |  タダノ日記  | CM(0) | Top↑
 | HOME |  NEXT